マレーシアで医療ビジネスを検討中の方必見!
「マレーシア医療業界」講演ムービー:無料公開中

マレーシア日本人商工会議所 2017年9月11日(月)

Higashi Medical Solutionsで出来ること
~個人のお客様から法人のお客様まで徹底的に最後までサポート~

1市場調査(類似品の有無、市場価格、競合メーカー、商品登録の必要性確認など)
マレーシアcity海外ビジネスの成功の秘訣は「信頼できる、最適なパートナーと組むこと」です。
でも、最初の一歩は商品が売れるのかどうかの確認、つまり「市場調査」だと思います。
海外への進出には、色々な障壁があります。
英語のコミュニケーション、異文化と日本と異なる商習慣、法規制等どこから手をつけてよいか解からないのが正直なところだと思います。
もし不慣れな海外旅行であれば、どうしますか?日本語話せるガイドさんを雇うことを考えませんか?
ビジネスでも同じです。マレーシア医療ビジネスの専門家の活用を検討してみませんか?
2医療機関の視察・訪問アレンジ、同行・通訳、アポ取得サポート
jin市場調査の結果がOKの場合、次は実際にマレーシアに出張して、市場訪問を検討されると思います。
例えばクアラルンプール近郊の私立病院といっても80以上あります。
その中からどのような病院があり、どうやってアポイントを取ったらよいのか?
現地医療機関にネットワークがあるHigashi Medical Solutionsへお任せ下さい。
医療機関の視察アレンジの実績としては、日系クリニックから、総合病院(MRI)、不妊治療の専門病院、国立心臓センター、透析クリニックなど、他にもMHTC(Malaysia Healthcare Travel Council)への訪問などの対応をしています。
正直アポイントの成功率は100%ではありませんが、訪問候補先病院とのマッチング成功率は高いほうだと思います。
もちろん、英語⇔日本語の通訳も対応が可能です。
マレーシアへの医療機関の視察を検討中であれば、視察・訪問アレンジ、同行・通訳、アポ取得サポートサービスを一度活用してみませんか?
もちろん、マレーシア医療ビジネスの現状についてブリーフィングサービスも行います。
3有力候補代理店のご紹介(信用調査含む)、アポ取得、同行・折衝サポート
ビジネスイメージ市場訪問の結果、感触がよければ、次は代理店候補を探しになるかと思います。
有力候補代理店のご紹介(信用調査含む)、アポ取得、同行・折衝サポートもHigashi Medical Solutionsにお任せ下さい。
現地での実務経験が豊富なHigashi Medical Solutionsだからこそより大きな信頼できる代理店をご紹介できます。
もちろん商品が魅力的でないと、アポイントすら取れません。
また、マレーシアにまだ販売されていない新規性が高い商品だと資料は散々要求されたが結局にそのままコミュニケーションが途絶えるケース、特に代理店とビジネスをスタートしても、専門性が低く、トレーニングやサポート等持ち出しばかりという話も良く聞きます。
はっきり言います。適切な市場調査を行わず、戦略がはっきりしていない段階で代理店と商談しても、話になりません。
代理店が何を要求していて、市場で販売するには、どのような課題をクリアする必要があるのか?
代理店の何が強みなのか?本当にその分野に強いのか?
代理店が本当に自分たちの期待通り動いてくれるのか?心配はつきません。
冒頭にも申し上げましたが、海外ビジネスの成功の秘訣は「信頼できる、最適なパートナーと組むこと」です。
代理店選びが一番重要なのです。
現地での実務経験が豊富なHigashi Medical Solutionsだからこそ、信頼できるベストな候補代理店を紹介できます。
4会社設立サポート・ビジネスアドバイス、一部業務代行
HMS看板会社設立に必要な会社秘書役の紹介から、ビジネスを軌道に乗せるまでの代行サービスに対応しています。
特に設立当初は出張ベースでマレーシアと日本を往復し、マレーシアに不在の期間も多いと思います。
その間、医療機関へのフォローアップや出張の段取り等、マレーシアに不在時も気になることがあれば、現地で速やかに対応できます。
また、LineやWhats Appによるオンラインの相談も可能ですので、ビジネスが止まらないよう、サポートが可能です。
医療業界専門の相談内容になると、専門用語や業界用語の関係で、一般的なコンサル会社にはわかりにくいものです。
医療機器業界20年以上の経験と現地での実務経験が豊富なHigashi Medical Solutionsであれば一般的なコンサル会社に比べて、説明も短期間で、ご要望に対する理解も早いことだと思います。
マレーシアに駐在員を置く前に、業務代行サービスやオンライン相談サービスを検討しませんか?
もちろん、駐在員へのビジネスコンサルティングの提供も可能です。
5その他医療ビジネスに関する相談他
東 真宜 代表例えば、下記のようなことが対応できます。
  • 現地提携病院(国立心臓センター)での高度医療の受診サポート
  • 医療機器受託製造先の紹介
    提携先はマレーシアだけでなく、タイ、ベトナム等をアセアン域内にいくつか工場があります。
    また、原材料調達の商社部門もあり、原材料から成型品まで、現地生産のお手伝い。
  • 現地クリニックへ投資・出資したいので、パートナー先を探して欲しい
 

医療機器業界20年以上の経験と現地での実務経験が豊富なHigashi Medical Solutionsだからこそできる調査と自負しています。

市場調査の実績としては、チェーン薬局(Watson, Caring, Gardian等)から各種クリニック(GPクリニックと言われる開業医、透析クリニック)、歯医者、眼科、総合病院から介護施設まで幅広く対応しています。

調査は自ら必ず現場へ足を運び、自分の目と手で現物を確認したり、医療従事者からヒアリングをする等地道な調査を行なっています。

もちろん、競合の調査や有力代理店の情報収集など、独自のネットワークがあるからこそ、表面上の調査だけでなく、ビジネスへの展開を考慮した調査を行うことで少なくとも、マレーシアへの進出が出来るかどうかの判断に役立つ調査ができると思います。

また、同時に有力代理店候補をお探しすることも可能です。

気になる料金ですが、結果にコミットする(手付金+成果報酬型)サービスになります。

マレーシアで医療ビジネスするなら、
まずはHigashi Medical Solutionsへご相談下さい

なぜマレーシアか?3つの理由

理由1英語が通じる
代理店は英語が話せても、やっぱり自分で直接ユーザーの直接の声が理解できないと不安。
東南アジアで英語が話せる国は、シンガポール、ブルネイ、マレーシア、フィリピンの4カ国のみ。
理由2市場ポテンシャル(人口・GDP・人口ボーナス)がある
ビジネスをやると決めてから結果が出るまでに通常3-5年はかかります。
2020年以降も人口ボーナスが期待出来るのはフィリピンとマレーシアの2カ国のみ。
グラフ出展:内閣府資料アジアの長期経済見通し
理由3インフラのレベルが比較的高く、ビジネス環境も整っていて、さらに親日的。
GDPも10,000ドルを超え、中進国入りしたマレーシアは、電気、水道、道路などの生活インフラに加え、インターネットも安定して使える環境です。また、ビジネスを進める上で、親日的なのもポイントです。

もうこれからでは遅いのでは?

グローバルプレイヤーは主に輸入品にて販売しているため、市場価格が高い。
ローカル品は付加価値が低い商品を主に生産しており、競合する商品が少ない。
付加価値が高い商品の生産はマレーシア政府も2020年ビジョン(ワワサン2020)でサポートしています。

さらに

大企業はタイ、インドネシア等の他地域へ注力してマレーシアは以外と穴場です。

つまり

これから市場参入しても、まだやり方によってはまだ勝ち目がある。
でも、トライアンドエラーでやってたら、時間がかかるので、乗り遅れる可能性が高くなってしまいます。
現地の医療ビジネスに精通したHigashi Medical Solutionsにお任せください!

マレーシアへの医療ビジネス進出なら、
Higashi Medical Solutionsへお任せ下さい

以下の項目に必要事項をご記入後、「入力内容を確認する」ボタンをクリックしてください。
必須の項目は必ずご記入ください。

貴社名必須
ご住所必須
ご担当者名必須
ホームページ任意
電話番号必須 - -
メールアドレス必須
取り扱い品目任意
お問い合わせ内容必須
個人情報の取り扱いについて必須


LINEで友だちになる

友だち追加

PAGE TOP
/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>